フロイトで読みとく分身小説 2  モーパッサン『オルラ』の場合: ドッペルゲンガーの物語はなぜ不気味なのか 中山文庫

ドッペルゲンガー(分身)の物語はなぜ不気味なのか? モーパッサンの有名な怪奇小説『オルラ』を題材に、フロイトの自我理論を援用して不気味さの本質を解きあかす。哲学者・翻訳者として多くの実績をもつ著者の新訳による短篇『オルラ』をあわせて収録。電子書籍によるオリジナル出版「中山文庫」第二弾。目次はじめに ドッペルゲンガー小説の三つの類型(約5枚)第一部 モーパッサン『オルラ』(約80枚)第二部 フロイトで読みとく分身小説 2(約80枚)