カー・オブ・ザ・デッド (Kindle Single)

本作は作家・乙一によるゾンビ小説である。 主人公は山道を車で走行中、エンジントラブルに見舞われた車を発見する。 何気なく車の持ち主に声をかけてみた主人公。 しかしそれが、命をかけた悲喜劇の幕開けだった。 車に閉じこめられ、周辺をゾンビがうろついている。 追い込まれた主人公の、起死回生の一撃とは……!? ゾンビとは、何らかの力によって死体のまま蘇った存在である。 はたして彼らは何者なのか。 なぜこの日本にあらわれたのか。 日本人の日本人による日本人のためのゾンビ。 おかしさと恐怖が、渾然一体となっておそいかかる。 引きずり出された内臓を踏み越えて、主人公はどこへむかうのか。 乙一(おついち) 1978年、福岡県生まれ。1996年『夏と花火と私の死体』で第6回ジャンプ小説・ノンフィクション大賞を受賞してデビュー。2003年『GOTH リストカット事件』で第3回本格ミステリ大賞受賞。他著に『ZOO』、『失はれる物語』、『銃とチョコレート』、『The Book—jojo’s bizarre adventure 4th another day』、『箱庭図書館』、『Arknoah 1 僕のつくった怪物』、『Arknoah 2 ドラゴンファイア』、『花とアリス殺人事件』ほか多数。