話に「オチ」をつける技術

オチがあれば、伝わり方が変わる! 「笑いがとれる話」だけがオチとは限らない。しっかりまとまった「聞き手の関心をひく話」つまり「伝わる話」がこれ1冊でマスターできる!この本で紹介する6つの話術。これさえ身につければ、おもしろい体験や企画のプレゼンはもちろん、日常の些細なできごとだって、しっかりと聞き手に伝えきることができます。6つの話術さえ身につければ、話にしっかりと「オチ」がある「デキる人」「魅力的な人」に誰でもなることができます。オチの6パターンを制覇して、あなたもトークの達人に!?【著者情報】山田周平(やまだ・しゅうへい)1977年、東京都生まれ。テレビ・ラジオのバラエティ番組や情報番組の放送作家職を経て、2003年より女性向けモバイルサイト「girlswalker.com」の企画・運営に携わる。同時に、「girlswalker.com」が主催する日本最大級のファッションイベント「東京ガールズコレクション」にも立ち上げメンバーとして参加し、企画・運営など様々な仕事をする。2011年からは作家・Webライターとして、Webサイトの企画・ライティングや恋愛コラムの執筆なども行っている。著書に『男は耳で恋をする』(いろは出版)がある。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)【目次】はじめにこの本の使い方序章 「オチ」のある話って何?1章 「謎解き」話術2章 「勘違い」話術3章 「へりくつ」話術4章 「言葉遊び」話術5章 「お前が言うな」話術6章 「どんでん返し」話術おわりに