マンガでわかる超ひも理論 宇宙のあらゆる謎を解き明かす究極の理論とは? (サイエンス・アイ新書)

超ひも理論って“難しい!”“よくわからない!”とあきらめた人にこそ読んでもらいたいとっておきの超入門本!!※この電子書籍は、「固定レイアウト型」で配信されております。説明文の最後の「固定レイアウト型に関する注意事項」を必ずお読みください。重力、電磁気力、強い力、弱い力、この4つの力を統一し、宇宙のすべてを記述できる可能性を秘めた理論、それが本書で学ぶ超ひも理論です。ニュートン力学から相対性理論、量子力画をへて、超ひも理論がどのように誕生したのか、そしてその理論で解き明かせる宇宙の謎まで、マンガでわかりやすく解説します。※こんな方に特にオススメ・ほかの超ひも理論の本では理解できずあきらめた方・超ひも理論を1日で理解したい方・数ある宇宙論がどのようにつながっているのかを知りたい方 など●目次第1章 相対性理論と量子力学 超ひも理論は、近代から現代へと受け継がれてきた物理学の歴史のなかで誕生しました。まずは超ひも理論の基礎となる相対性理論や量子力学についておさらいしておきましょう。第2章 素粒子の世界と元祖ひも理論 量子力学が誕生したことにより、原子核よりも小さな素粒子の世界の物理学が発展してきました。そのなかから元祖ひも理論ともいえる理論が誕生したのです。第3章 素粒子の標準模型の誕生 素粒子の世界を探求し、そのふるまいを説明するために、たくさんの科学者が知恵を絞り、誕生したのが素粒子の標準模型です。標準模型構築の過程を通して素粒子の性質を理解しましょう。第4章 標準模型を超えた世界 素粒子の標準模型はとてもすぐれた理論ですが、素粒子の世界をすべて説明しているわけではありません。素粒子の世界をさらに理解するには、標準模型を超えた理論をつくる必要があります。第5章 超ひも理論の登場 超ひも理論の「ひも」とはなんなのか。超ひも理論によってこの世界はどのように変わるか。超ひも理論が求められた背景や発展の歴史を振り返ります。第6章 超ひも理論が解き明かす宇宙の謎 超ひも理論は素粒子よりも小さな世界のことを扱いますが、同時に宇宙の謎を解き明かすことができると期待されています。果たして超ひも理論は、とても大きな宇宙とどのように関係しているのでしょうか。固定レイアウト型に関する注意事項(必ずお読みください)この電子書籍は、全ページ画像の「固定レイアウト型」で配信されております。以下の点にご注意し、購入前にプレビュー表示をご確認の上、ご購入ください。■使用できない機能・文字拡大(ピンチイン・ピンチアウトは可能ですが、画面におさまらない場合は画面をスワイプ)/文字のコピー/マーク/ハイライト/文字列検索/辞書の参照/Web検索/引用■推奨環境・タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末・Wi-Fiネットワーク経由でのダウンロード(Kindle端末の場合)