日清・日露戦争をどう見るか 近代日本と朝鮮半島・中国 (NHK出版新書)

なんのために、戦ったのか。近代日本の戦争を大胆に読み直す。明治日本がおこなった日清・日露戦争の本質はどこにあるのか。ともに、朝鮮半島が戦場となり、戦争の目的も朝鮮の支配だったこの二つの戦争は「第一次・第二次朝鮮戦争」とも呼ぶべきものではなかったか――。日清・日露から第一次世界大戦まで、近代日本の戦争を朝鮮半島・中国との関係を中心に大胆に読み直す。現在まで引き続く日中韓の歴史問題の原点が理解できる一冊![目次]序章 近代日本の戦争について第1章 日清戦争―「第一次朝鮮戦争」第2章 日露戦争―「第二次朝鮮戦争」第3章 韓国併合と対華二十一カ条要求第4章 「世界大戦」―その影響終章 次の「世界大戦」―その予兆