電脳のサムライたち2 孫正義 インターネット財閥経営4

超大型M&Aを仕掛けるたびに経営不安説が飛び交ったものの、そのつど大きな成功を収めてきた。ビル・ゲイツをして自分と同じくらいリスクテイカーだといわしめた孫正義流経営の真骨頂。創業(1981年9月)から東証一部上場(1998年1月)までのソフトバンクの驚異的な急成長の軌跡を、孫社長自身に2年近く取材をしてまとめたノンフィクション作品『孫正義 インターネット財閥経営』(実業之日本社刊)の電子版(全4回配信) 第4回配信分では【第12章 ソフトバンク成長物語】独自のマネジメント手法を導入/米大統領候補ロス・ペローとの提携始末記/株式公開で“日本のビル・ゲイツ”誕生 【第13章 大胆な戦略を裏打ちする緻密な計算】相次ぐ海外での大型M&A/M&A戦略を貫く三原則/4900億円にものぼる北尾流の資金調達術 【第14章 300年続くインターネット財閥経営】企業価値創造経営の重視/情報化第四ステージで世界のナンバーワンへ/300年の大計 【エピローグ】コムデックスでのビル・ゲイツのワンマンショー/あとがき・・を収録。この作品は『孫正義 インターネット財閥経営』の第12~14章の内容となります。