電脳のサムライたち2 孫正義 インターネット財閥経営3

かたや“パソコンの天才”と呼ばれたアスキー・西和彦と、かたや“パソコンの神童”と呼ばれたソフトバンクの孫正義。宿命のライバルがついに激突する。創業(1981年9月)から東証一部上場(1998年1月)までのソフトバンクの驚異的な急成長の軌跡を、孫社長自身に2年近く取材をしてまとめたノンフィクション作品『孫正義 インターネット財閥経営』(実業之日本社刊)の電子版(全4回配信)。 第3回配信分には【第8章 孫正義と西和彦 宿命のライバル】パソコンの天才、西和彦/77年夏、西と孫の出会い/パソコン業界の“孫バッシング”/MSX戦争で正面から激突 【第9章 ソフトバンクに挑み、敗れていった徒花たち】アスキー陣営、ソフトウィングの誕生/ジャストシステム、一太郎の反乱/自滅していったライバルたち 【第10章 AX――パソコン規格統一へ動き出す】日米半導体摩擦の思わぬ副産物/標準化でシェア30%を目指した“弱者連合”/海外ソフトの先取りをしたソフトバンク 【第11章 市場を席巻したDOS/V】NECの路線変更/“開国”を迎えた日本のパソコン市場/ウィンドウズ95の巨大な影響力・・など収録。この作品は『孫正義 インターネット財閥経営』の第8~11章の内容となります。