データサイエンス超入門 ビジネスで役立つ「統計学」の本当の活かし方

複雑で難解になりがちな統計学に基づいたデータ分析の基礎知識を俯瞰的に理解してビジネスに活かせるようになるのが本書の狙いです。数多くのデータ分析プロジェクトの現場では、「ビジネス」ありきではなく「データ」ありきの曖昧な態度でデータ分析に取り組んでしまい、うまく行かなくなるケースが多々あります。ビジネス領域におけるデータ分析は、企業戦略・戦術や業務プロセスでの意思決定を支援するためのものです。いかに画期的な分析結果が得られても、それがビジネス活動に影響を与えられなかったり、成果につながらなければ人材やシステム投資の無駄遣いです。「データ」ありきではいけない。こうした著者の思いから、データサイエンティストになりたい人だけでなく、一般のビジネスパーソン、例えば、マーケティング部門や経営企画部門、営業部門、IT部門などに属する方にも読んでいただけるよう、「データ分析の基本」を具体的な事例を交えながら平易に説明しています。 【特徴】・日本屈指のデータサイエンティストによる書き下ろしです。・この1冊で、ビジネス活動に役立つデータサイエンスを一通り理解できます。・日々の生活で体験する身近な事例から先進的な企業事例までを具体的に紹介します。・統計学に基づいたデータ分析の基礎知識を平易に解説します。・巻末に「図解 統計の基本」を収録しています。