• トップ
  • 新刊情報
  • 巨大兵器とそれを恐れない少女にときめくのは仕方がない『花と黒鋼』

2016.11.02

巨大兵器とそれを恐れない少女にときめくのは仕方がない『花と黒鋼』

「ねぇっ お名前はっ? なんていうの?」

「・・斉藤」

「・・じゃあ さっちゃんだね!」

軍のサイボーグ兵器・斉藤少佐(さっちゃん)が、隔離された島で少女・ルルと出会う。
『天空の城 ラピュタ』のロボット兵とシータ。
『OVERMAN キングゲイナー』のキングゲイナーとアナ姫。などなど。
でっかい機械とちいさい少女の触れ合いってときめく。

「ヤングマガジン サード」で連載中の『花と黒鋼』。現在、2巻までがkindleなどで配信中。
作者は、アニメ放送中『うどんの国の金色毛鞠』の作者・篠丸のどかだ。

斉藤が迷い込んだ島は、島民以外にはその存在を知られないよう隠されている。
食糧難による人間のサイボーグ化と、争いの絶えない世界。ルルの暮らす島では、自給自足で生活している。
争いから逃れ、ルルという特別な少女を育てるために。

「どうしたの? どうして泣いてるの?」
「ルル さっちゃんの笑ってる顔 はじめてみた!」

黒塗りののっぺらぼうに作られている斉藤の顔。だけどルルには、斉藤の表情がわかる。
軍隊を率い、戦いを躊躇しない兵器・斉藤の感情をわかってくれるのは、ルルだけだ。

兵器とそれを恐れない少女の画にときめいてしまう。


この情報をみんなにシェア!

この記事が気に入ったらいいね!しよう!

最新のセール情報などをお届けします

ライター情報

むらたえりか

むらたえりか

宮城県出身。ライター。好きなものはハロプロとベガルタ仙台と東映ヒーロー。好きな漫画は『ちひろ』(安田弘之)です。
https://twitter.com/ericca_u