• トップ
  • 特集
  • 『HUNTER×HUNTER1』16巻「一坪の海岸線」で分かる雑魚キャラと強キャラの違い

『HUNTER×HUNTER1』16巻「一坪の海岸線」で分かる雑魚キャラと強キャラの違い

冨樫義博の『HUNTER×HUNTER』が休載してから16週目。今回は単行本16巻を振り返る。グリードアイランド編も後半に差し掛かる。

レア度SS「一坪の海岸線」の入手条件は、「レイザーと14人の悪魔」と15対15のスポーツで競い合い(個人競技も団体競技もある)、勝利すること。
これまで何百人とプレイヤーがいたものの、ゴンと同盟を組んだ仲間たちがはじめて明らかにした条件だった。

「おそらくここまでたどりついたのオレ達が初めてじゃねーか?」
オ、オレたちって結構すごくないか…? みたいな雰囲気に酔いしれていた一同だったが、一人だけ冷静な男がいた。
「えげつねぇな…………」
ゴリラ2体を具現化させて自在に操る能力者・ゴレイヌである。
スポーツで勝利しても手に入るカードは3枚だけ。イベントクリア後に裏切り、殺し合いなど争いが起きうるバトルだといち早く見抜いた。
浮かれる雑魚たちと浮かれなかったゴレイヌ。このシーンで、ゴレイヌとその他雑魚キャラの明暗が分かれてしまった。

「やめろ!! 放してくれ 負けだ!! オレの負けだァァ」
相撲に挑んだゼホはボポボに火炙りにされて1ページで降参。
「アンタの誤算はただ一つ アンタ以上の能力者!! オレの存在だァ———!!」
ボクシングに登場したガイルみたいな頭の男は、相手のカウンターをもらってあっさりKO負け。最後は雑魚キャラ一同、ボマー達による皆殺しにあう。

一方ゴレイヌはゴンたちとともに新チームを作り、ドッジボールに参加。人数不足で開催条件が満たされなかったところを、自らの念獣のゴリラ2体を呼ぶことでチームのピンチを救い、ボスキャラのレイザーの顔面にボールをぶつけるという活躍を見せるのである。

この情報をみんなにシェア!

この記事が気に入ったらいいね!しよう!

最新のセール情報などをお届けします

ライター情報

山川悠

山川悠

1989年生まれの男。好きな漫画は『Y氏の隣人』、『ハード・コア―平成地獄ブラザーズ』。好きな小説は『深い河』、『空中ブランコ』。
チョコラブと暮らしています。
https://twitter.com/ymkw1989